【全く本を読まない息子さんに本を読ませる】

講師のMIZUHOです。
本日は筆跡コーチングのセミナーを開催しました。本日で5回目です。お題はオートクラインすなわち相談者に対して質問を掘り下げることで、質問者自身が自分で解決策を見出す方法のことです。オートクラインとはもともと医学用語で「自己分泌」のことです。
転じてコーチングやビジネスの世界では自分の行動、とくに自分が発した言葉が、自分自身に与える影響のことを言います。

本日の方は息子さんが本を読みたがらないということが悩みでした。
いくら親が(本を読んだほうが良い)と仕向けたりしても効き目がないと嘆いてました。
もっとも良いのは、相談者が自分から率先して言葉を発することです。

誰かに促されたり、迫られて決断するのではなく、早くから自分を説得して逃げ道をなくしてしまうこと。そして一度決断したら、無理矢理にでも前向きな言葉を発し続けることです。
私自身もその大切さを改めて学びました。

#筆跡アナリスト http://graphologie-jp.com/