皆様
こんにちは。筆跡アナリストのMIZUHOです。

最近は暑くなってきましたが、体調の方はいかがですか?

毎年6月7月はなぜか筆跡心理学を受講したいという方が

増えます。

今回は仙台から『失敗しない筆跡採用セミナー』に参加してくださった生徒さんがいました。

参照⇒http://graphologie-jp.com/semi_interview

こちらはズバリ!履歴書を読み解くと言うWSです。

人事担当の方、履歴書を読むのって難しくないでしょうか?

「こんな人だったの?!」という採用のミスマッチ、よくありませんか?
大企業ならともかく、中小・零細企業では従業員一人ひとりの性格や思考方法が会社に大きな影響を与えます。
新しく雇った方が面接時の印象と違った!
ということを履歴書や応募者の書いた文字から本当の性格を知ることで少しでも減らす方法をお伝えするのが本講座です。

今回の方はとある会社の人事部の方でした。

お仕事ができるのであろうなあ、という雰囲気の女性でした。

実際にその方自身の筆跡診断をしたあと、5-7枚ほどの実際のエントリー書類を見せていただき

詳細を伺いながらピックアップしていきました。

《大体いいな、と思っている方は、筆跡(性格的な点)もOKということであっている!

これはすごい!どうしてそこまで分かるんですが!?》

と絶賛されてました。筆跡は性格の細かい部分まで

見られるので初対面の方やお会いしたことがない方でもある程度の判別が可能です。

後半では※採用すべき筆跡のサンプル

※採用しない方がよい筆跡のサンプル

を具体的にお見せしながら解説しました。

《役に立ち事がありすぎてこれは本当にすごい!
字の形が変わると性格が変わるということがすごいです!勉強したいです!》

とおっしゃってくださいました。

履歴書の講座はインターネットの方で

お問い合わせフォームからお受けいたします。

一旦分かると社内の人間関係改善などにもお役立ていただけます。

お勧めの講座です。