「筆跡特徴について」の記事一覧

tennsetumaru

 

皆様。ご友人などで丸い文字をかかれる方はいらっしゃいませんか?

角を丸く書く方の特徴としては大らかで優しいという印象があります。

また企画力にあふれ、色々なことを考える力が強いのが特徴です。

楽しい方が多いのも特徴です。

 

 

 

筆跡の正しい変え方

筆跡を変えるのがが最近はやっているみたいだけど、実際にどうやって変えたら良いの?

と思っている筆跡心理学初心者の方へ。

今回は、たった3つの筆跡特徴を変えるだけでも人生が好転する効果の高い方法をお伝えします。

とても簡単なので今日から筆跡を変えてよりよい人生にしていってくださいね。

筆跡を変えて金運と仕事運と恋愛運を同時に上げよう

皆さんの悩みのトップ3が

  • 収入面
  • 仕事(能力)
  • 結婚

です。

これらに直結する筆跡の変え方をお伝えしますね。

1.収入を上げたかったら、上は開ける、下は閉じる

この画像を御覧ください。

  お金が貯まる筆跡の変え方

これはお金の貯まる字の書き方です。

左上の縦線と横線の間が開いていますね。これはお金が入っていくる道を開けていることになります。

次に右下を見てください。ぴったりを閉じてますよね。

お金が出ていきません。

上が空いているからお金が入る口があり、下が閉まっているから貯まる。

イメージしやすいですよね。

下が何となく空いて書く人は、自分にルーズな方が多いです。

ということは当然お金にもルーズ。ですから今はお金を貯めたい!と思ったら必ず、このような書き方をしてください。

2.仕事の能力を上げるにはハネをしっかり書く!

仕事で評価されるのって、スキルよりも速さよりも結局は「信頼感」ではないでしょうか。

「あなただから依頼したい」

という状況が生まれれば成功と言ってよいのではないでしょうか。

では仕事で信頼されるには何が必要か?

仕事をきっちりやるという態度や結果です。

そのために筆跡を変えるとしたら、ハネを強調してください。

例えば、以下の画像のように、「様」という字の旁(つくり)のハネを通常よりも大きく書くようにしましょう。

仕事ができる筆跡の変え方

ハネをしっかり書くことは、どんなことでも私は与えられた仕事を最後までしっかりと責任をもってやりますよ

という意思表示につながっています。

ですから、ハネが存在する漢字を書くときは、どの字もハネを強調して書いてください。

自分の中でどんなことも最後まで漏れを出さず、きっちり行う性格に変わっていきますよ。

3.自分の魅力を最大限出す。

交際相手がほしいと思っていても殻に閉じこもっているのはシンデレラ症候群です。

誰だって魅力的な人に惹かれますよね。

でも勘違いしないでください。ここで言う魅力とは容姿や背の高さや外見ではありません。

あなたという個性が輝いているときの魅力です。

例えば、3枚目だけどめちゃくちゃ面白い芸人さんていっぱいいますよね。

彼らは魅力的に感じませんか?

そうですよね、彼らのお笑いという部分を思う存分、しかもその人にあったやり方で自然な状態で出している場合、とっても魅力的に映るはずです。

ですから、皆さんも自分の魅力を出し惜しみせず、精一杯出していれば、必ず誰かがその魅力に気がついてくれるはずです。

無理に流行りの髪型や化粧、服装をする必要はありません。
自分に合ったものでそれを最大限アピールしましょう。

そんな場合に役立つ筆跡が『左払い長』型。

どんな筆跡かというと、左に払う部分を通常よりも長く書くという書き方です。

恋愛力アップの筆跡の変え方

例えば、「大きい」という字を書いてみてください。

左に払う部分の長さを、もっと長く変えてください。

違和感があるくらいでちょうどよいです。
『左払い長』型には、華やかな世界に身を置きたい、自分を目立たせたいという特徴があります。

意識的に左の払いを長くすることで自分の魅力をどんどん出せる性格に変えていきましょう。

最初は字の書き方も不自然だし恥ずかしいかもしれません。

しかしイメトレと一緒でそれが逆に自然になる日が来ます。

素敵な恋愛を楽しんでください。

3つの筆跡を変えて人生を豊かに。

今回の筆跡の変え方をまとめると

  1. 左上を開けて左下を閉じて収入アップ
  2. ハネを強調して仕事力アップ
  3. 左払いを長くして恋愛力アップ

ぜひこれらの筆跡特徴に変えてみて自分の人生をもっと輝かせてください

右上がりの文字を書く人は体制派

今回は右上がりの文字を書く人の性格を診断します。

右上がりの文字の性格特徴
右上がりの文字
右上がりではない文字
右上がりではない文字



右上がりの文字とは一般にこのような字です。

同じ文章を書いていても左の方は右上がりになっているのが分かるでしょうか。

右上がりの文字を書人は長いものには巻かれろ的な性格

右上がりの筆跡特徴は

  • 保守派
  • 体制派
  • 組織の中で誠実

という心理状態を持つ方が多いです。

物事変えていこうと言うよりは現状維持を好んだり、長いものには巻かれろという考え方に抵抗がないタイプです。

権力のある方や多数派の意見に従うほうが心地よいと考える性格を持ちます。

従ってその多数派の組織の中で従順な態度をとることができます。

イメージは付きますでしょうか。

取りあえずは多くの人の意見に従っておこうという日本人に割りと多いタイプです。

右下がりの字を書く人は批評家タイプで天邪鬼

右上がりの文字とは反対に、右下がりに字を書く人もいらっしゃいます。

例えば、こんな感じです。

右下がりの文字

この文字を好んで書く人は、端的にいうと天邪鬼で批評家です。

基本的には物事を疑ってかかり、物事の欠点を鋭く見つけることが出来るタイプです。

ということは、逆に言うと右上がりの文字を書く人は、批評家タイプとは違うということが言えます。

むしろ体制派のことを正しいと信じる傾向があると言えるでしょう。

また右下がりの人はへそ曲がりの人が多いことから、右上がりの文字を書く人は素直とも言えるかもしれません。

政治には関心が薄く意見があまりない水平に文字を書く人

一方、字をまっすぐ水平に書くのが好きな方もいます。

こんな字です。

右上がりでも右下がりでもなく水平の字

このような筆跡は一般に物事に対して冷めていて、どちらでも良い、政治に無関心という性格が出ます。

水平な字を書く人は、多数派と少数派がいたらどちらでも良いという意見になります。

まとめるとこのようになります。

いかがでしたか。

右上がりの字を書いている人は知らずに体制派の言うことを素直に良しとする思考の癖になっているかもしれません。

丸文字の性格はショートカット思考

皆様の周りにもいらっしゃるでしょうか、丸文字で書く方が。

今回は丸文字を書く人の性格傾向をお伝えします。

一口に丸文字と言ってもいろいろな丸文字がありますが、今回はこんな丸文字を想定しました。

丸文字の見本一覧

このような字を元に解説をしていきます。

結果が同じならショートカットで行きたい思考

まず、丸文字の大きな特徴の一つに角が丸いという特徴があります。

これは72個の筆跡特徴のうち、「転接丸(てんせつまる)」型という型が一致します。

一般に転接丸型の方は、

  • 事務職より営業職タイプ
  • きっちりルール通りというより結果重視タイプ
  • ゴールが同じなら途中経過はあまり深く考えない、むしろショートカットが好き
  • 発想力がある

こんなタイプです。

ようは柔軟性に富む性格なのですね。

逆に、角が角張っている字を書く人は真逆の性格です。

ルール通りやるのが好きだし、ルール通りやれない人を非難しがちです。

大物感の特徴あり!

次に、大弧(たいこ)型という特徴も出ています。

丸文字の筆跡特徴:大弧型 丸文字の筆跡特徴:大弧型

これはこんな風に本来、1回折れて下に下がったり、ハネるべきところがハネにならず何かを包み込むような形になっている特徴をいいます。

このような大弧型の文字を書く人は、

大物感があり
物事や人の良い部分もそうでない部分も両方受け止める度量の大きさがあります。

器の大きな人という印象です。

懐の深い人といっても良いでしょう。

子供っぽさがあるエネルギッシュな人

また、こんな風に閉じている空間が通常より大きくなりがちです。

丸文字の筆跡特徴:閉空間大型 丸文字の筆跡特徴:閉空間大型

これは閉空間大(へいくうかんだい)型という筆跡特徴が現れています。

閉空間というのが閉じている部分になりこれが普通に各人よりも大きい場合、

この人の筆跡特徴には閉空間大型がある、という診断になります。

閉空間大型の特徴としては

  • エネルギーが有り余っている
  • 元気
  • 少し野暮ったい、子供っぽさが出る

このような性格です。

逆にこの閉空間が小さいとこれも真逆の性格となります。

若いのに閉空間が小さいと、賢いけれど言動や態度が妙に大人っぽいとか老けている印象になります。

スピーディーにあれもこれもこなすマルチ作業タイプ

次にはね弱(じゃく)型という特徴が見て取れます。

例えば、このようにハネがない、または非常に弱い場合です。

丸文字の筆跡特徴:はね弱型 

はね弱の性格は物事や仕事を100%きっちりやっていくというより、70%で終わらせて次か次へとこなしてくのが好きなタイプです。

業務が多くてもバシバシこなしていくマルチタスクタイプです。

電話を首と肩で抑えながらキーボードを叩きつつ、部下に指で指示するよう課長や次長タイプの仕事が早い人はだいたい、ハネがありません。

逆にどっしり構えて一つ一つ確実にこなしていく部長タイプにはハネが強い人が多いです。

器用に複数のことを同時に処理できるテキパキタイプと言えるでしょう。

コンスタントにコツコツと同じことがやれるタイプ

次にマス目文字(ますめもじ)型という特徴もとれます。

丸文字の筆跡特徴:マス目文字 丸文字の筆跡特徴:マス目文字

これは文字をマス目いっぱいに四角っぽく書く人の特徴ですが、丸文字の方も同じようなことが言えます。

マス目文字型の特徴としては

  • コツコツ同じことを飽きずにやれる
  • 気分に左右されずコンスタントにやれる

という特徴があります。

一つのことを長く飽きずにやれる才能の持ち主です。
あまり気分によって左右されない、動じない方でしょう。

最後に、丸文字がゆえに、この特徴がない、ということもいえます。

危険なことや失敗しそうなことはあらかじめ避ける能力あり!

丸文字で書くということは、このような字になりにくいことを意味しています。

その1つが転倒運(てんとううん)になっていないということです。

 転倒運転倒運

転倒運とは、このように尻すぼみになったり、右に倒れそうな文字の書き方を言います。

どちらもいかにも倒れてしまいそうな書き方ですよね。

これらは見ての通り、いつも尻すぼみで終わってしまったり、失敗が明らかなのに手を出してしまう性格です。

「私、いつも男運がない」とぼやいている人にもこの書き方をしている人が多いです。

丸文字で書くとこのような形になりませんので、必然的に失敗しそうなことを避ける思考をしていると言って良いでしょう。

神経質にならずくよくよしない!

次に丸文字で書くことによって、以下のようにグチャグチャと潰れた文字になっていないという特徴があります。

丸文字は空間潰れにならない

このような書き方を空間つぶれ(くうかんつぶれ)型と言います。

空間つぶれ型は、見ての遠り、グチャグチャと文字が潰れてしまっている書き方です。

この書き方を良しと思ったり、この書き方でもなんとも思わない人がこの文字を書き続けます。

実は空間つぶれ型は、心が苦しいというサインです。

このサインが出っぱなしだと精神的にすごく疲れてきたりいつも心が苦しい状態ですので健康によいとはいえません。

丸文字で書くということは、このような文字にならないので神経質にならず心が苦しいことで悩むことはないでしょう。

白黒はっきり付けたがる性格

最後に、連綿(れんめん)型という特徴があります。

連綿型

これは、草書体のように続けて字を書く筆跡です。

丸文字だと草書体になりづらいのが特徴と言えるでしょう。

連綿型は、続けて書くという心理から白と黒の間のグレーの存在も認めてあげる思考をします。
人情があると言われる人も多いです。

逆に連綿=草書体がないと、はっきりとした意見を持ちたがります。

白なら白、黒なら黒と割り切るほうが好きというタイプです。

丸文字の書き方の性質上、草書体になりづらいので、連綿がない=非連綿型といえるでしょう。

したがって物事を割り切って考えるのが好きなタイプといえます。

総合的に性格を考えると、、、

以上、丸文字の筆跡特徴を診断してみました。

まとめると

  • 結果が同じならショートカットで行きたい思考【転接丸型】
  • 大物感の特徴あり!【大弧型】
  • 子供っぽさがあるエネルギッシュな人【閉空間大型】
  • スピーディーにあれもこれもこなすマルチ作業タイプ【はね弱型】
  • コンスタントにコツコツと同じことがやれるタイプ【マス目文字型】
  • 危険なことや失敗しそうなことはあらかじめ避ける能力あり!
  • 神経質にならずくよくよしない!
  • 白黒はっきり付けたがる性格

このような性格の持ち主です。

総合的に言うと、、、

アイデア力があり元気があって素早い印象、はっきりと意見を持つが自分と異なる意見も受け止めることができ、危なっかしいことやミスが起こりそうなことは予め避ける行動をいつもさりげなくしている人

ということになるでしょう。

どちらかというと明るく、その人と一緒にいると気持ちが軽くなったり返事権に巻き込まれることは滅多にないと言えるでしょう。

丸文字の性格をできる限り詳細に筆跡診断してみました。

すべての丸文字の人に当てはまるというわけではありませんが一つの参考にしてみてください。

こんにちは。筆跡アナリスト講師のMIZUHOです。

筆跡心理学の講座を学習し始めた方に良く受ける

質問があります。

聞かれない場合にも要注意事項として皆様にお伝えしてます。

内容は

美しい文字と筆跡心理学って

関係があるんですか?

ということです。

結論からお伝えしてしまえば美しい文字であるというのは

文字としての見た目的にはすばらしいと個人的に思いますが、

実は筆跡心理学的にはあまり関係がないといわれています。

美しい文字の定義とは??

1.適度な右上がり

 2.空間・角度をそろえる

 3.たて線(たて画)はまっすぐ垂直に書く

と言うことを聞いたことがあります。

ただ、1に関して申しますと、右利きの方はほとんどの方が右上がりにはなると

思いますが左利きの方は書くこと自体が少し難しいかもしれませんよね。

又適度な右あがりが良いとしても、筆跡心理学の意味合いで見ると

(保守的)とか(集団に合わせる)というような

別の内容が生まれてきます。

右上がりではなく、左右平行に書くと少し平坦な印象でつまらない

感じがするということも挙げられますが、それはその人の個性 🙂 であ

るのでそれでも十分だと思います。

 

個性を大事に伸ばしていきましょう!

 

#筆跡心理学 #筆跡アナリスト

 

皆様 こんにちは!!筆跡アナリストのMIZUHOです。

文字の大きい小さいに関してのコラムです。

 

文字が大きい人

『文字が大きすぎる!』という方、一方で『文字が大きくかけない』
という人も存在します。

最近では若い人に文字が小さい人のほうが多いかもしれません。

年輩の元気な女性が大きい方が多いような気がします。

文字が大きいことを『大字型』と呼びます。

その名のとおり 大きい字で紙面一杯に書く傾向のことを言います。

性格はのびのびとしており、オープンな印象の方が多いです。
他にも声のトーンが大きい。元気な印象。
年齢の割りに若々しい印象。
行動範囲が広い。
あと、面白いのは
小柄な人にどちらかというと見られるといわれています。

 

実は自分自身を大きく見せたいという深層心理の表れが関係しているそうです。

 

文字が小さい人

文字が小さい人は自分の思っていることをストレートに出すのが
苦手、ということもありますし、「こういっては相手に失礼なんでは??」
と詮索してしまう方が多いようです。

思ったことをすぐに言うというより、黙っているというタイプが多いような気がします。
気を必要以上に遣ってしまうのでしょうか?

暗いということではなく他人の顔色をうかがってしまう方が多いです。
自らが表に立たされることが苦手。
恋愛においても消極的な人が多く、失恋の痛手をいつまでも引きずる傾向があります。

カウンセリングを行うと「思ったことが言えないので損をしているような気がする」という方

結構多いです。

もっと他人に対してオープンになりたい、自分のことをたくさん話したい
のでしたら文字を大きめに書いて見ることをお勧めします。

 


#筆跡心理学

https://graphologie-jp.com/about

一般社団法人 東京ラーニングアカデミー
代表者 代表理事 徳武 瑞穂
所在地

【本部】品川高輪教室 〒108-0074 東京都港区高輪3-10-4 ブレスド高輪101
地図はこちら(グーグルマップ)
品川駅より徒歩10分、高輪台駅より徒歩1分、五反田駅より徒歩10分です。

【支部】横浜桜木町教室
〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3-143 柴NICハイム野毛山201
地図はこちら(グーグルマップ)
桜木町駅より徒歩6分、日の出町駅より徒歩6分です。

TEL 03-6277-3429 月曜はお休みです。ご注意下さい。 

電話受付時間:火曜-日曜 11:00~20:00 (休日:月曜)

FAX 03-6277-3629

 

皆様 こんにちは!!筆跡アナリストのMIZUHOです。

今回は文字の濃さ、に関してです。

これまで余り注意していなかったのですが
周りで文字が極端に濃い人、薄い人見たことはないでしょうか??

 

筆跡心理学では文字の濃さに関して記載は特にありません。

が、気になったので自分で調べてみました。

 

なんとなく文字が薄い人は『欲がなさそう、自己主張が弱い?
濃い人は『ガッツがありそう・・』と何となく思って居ましたが・・

今回いくつかの文字の例を探し詳しく調べてみました。

薄い人

↑紀貫之 自筆原稿 文字が薄いです。

もともと筆圧が弱くて「読めないので濃く書いて」と言われる人もいます。

テストでは正解であっても先生が読めないと言うことがあり

折角合っているのになんて書いているのか?と疑問に思われたりしますね・・

太い鉛筆でも濃いインクでも、

線が細くて薄い字を書くのは昔からという人は自己主張が少なくてちょっとセンシティブな人です。

協調性はあるのですが、どちらかというと理性よりも感情が先に走ってしまうという面も持ち合わせているようです。

紀貫之の文字を例に出してみました。

紀貫之の文字

紀 貫之(き の つらゆき)は、

平安時代前期の歌人・貴族。

下野守・紀本道の孫。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

散文作品としては『土佐日記』がある。日本の日記文学で完本として伝存するものとしては最古のものであり、

その後の仮名日記文学や随筆、女流文学の発達に大きな影響を与えたといわれています。

男性ですが仮名日記文字や随筆を執筆しと言う点から考えてもセンシティブな面を持ち合わせているというのは納得できます。

濃い人

筆圧が濃い人ですと前にも取りあげた織田信長が挙げられます。

織田 信長(おだ のぶなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての戦国大名。豊臣秀吉、徳川家康と並び

三英傑の一人と言われます。
織田信長といえば泣かないホトトギスは殺してしまう、

という言葉は有名ですが実際はどうだったのでしょうか?


↑織田信長 自筆の書 豪快な性格

力強い筆致で書いた織田信長の筆致は、いわゆる草書であり

全体の文字が途切れることなく連綿と続いていることから、強連綿型と呼ばれます。

筆圧が高く、実線と次の文字へとつながる線の太さが変わらないほど太いのが特徴と言えます。

とても自信家で、自己主張が高そうなイメージがあります。

 

筆圧を変えてみましょう♪

皆様も言いたいことがあったりしても言えないとき、

文字が薄いと言うことが多いです。

文字を濃く、はっきり書くと言うことがお勧めです。

逆に濃すぎると言う方、手に力が入りすぎている可能性がありますので

ペンをふんわりと持つようにしていくと、

自己主張が弱くなり、協調性のある性格へと改善できるかもしれません。

皆様も是非お試しください。

#筆跡心理学 #筆跡カウンセラー

 

 

 こんにちは。筆跡アナリスト講師のMIZUHOです。

今回は女性の皆様に恋愛面での幸運をもたらす字とはなんだろう?ということをお話していきたいと思います。

自分自身のパートナーにふさわしい方を探したい!運命の人に出会いたい!という方向けの文字。

漢字は偏と作りで成り立っています。この間の空間の広さ

は何を表すかというと情報、人間関係を示すといわれています。

『出会いが無い!』と嘆く方この空間が狭くなっていないですか?

偏とつくりをあけ情報が入ってくるようにすると、何となく異性の出会いが

増えるかもしれません!

★またこの部分は何事も相手の立場になって考えることのできることできる心の広さ

とつながってます。包容力があればいい家庭環境を築くヒントになるかもしれません。

偏とつくりが広いと言うのは開空間広型と言います。

愛情だけではなく外部から情報量も豊富といわれています。

出会いが広がるだけでなく、情報や知識が増えるので

狭いと言う方は空けたほうが吉です。

 

また元気な印象をするには字を大きく書いたほうが良いです。

字の大きい人はエネルギーがあると言われています。

家庭環境は女性によって運気が変るといわれてまして、

女性が元気ですと男性も

外での仕事をバリバリと元気にこなせるといわれています。

 

皆様

こんにちは。筆跡アナリスト講師のMIZUHOです。

皆様の周りで華やかな印象で目立つ人っていませんか?

顔立ちが男女問わず、きれいと言う以外でも

笑顔が明るい(心底明るい!)という感じだったり、普通の服装

なのに、合わせ方に特徴があって思わず『おしゃれ!』

と思う方などいろいろです。

印象に残りやすいと、例えば面接の場面等では

他の学生より一歩リードできますし、合コン等では

異性に自分をアピールしやすいですよね!

こういった人たちには共通点があるのでしょうか??

 

  • 華麗運をあげる《左払い長型》、装飾字を取り入れて華やかな印象を目指しましょう♪

例えば文字を書いた時に左はらいが長いという人。

左払い長型といわれます。この文字は
芸能人、舞台関係者に多い字と言われます。
いわば人より目立ちたい願望があると考えられてます。
この文字の特徴の方はおしゃれが好きな方
も多いので婚活中はぜひ左の払いを長くするのを
おすすめします。

またこの字ですが本番に強い、表舞台に出るのが好きと言うことが上げられます。

ダンサー、音楽関係者、芸能人にとても多い字だといわれています。

自分では地味で目立たない、と思うのでしたら是非長く書くようにしてください。

ロングドレスを翻して歩く姿をイメージします。

あとお勧めなのは装飾点といわれる、文字の最後を長く伸ばしたり点を記入するのもお勧めです。

デビ夫人のサインを見てみると。。

装飾字にご自身のイラストも描かれています!

少し変わった筆跡で、目立つ要素も兼ねそろえているデビ夫人らしい文字と言えますね!

#筆跡心理学 #筆跡アナリスト

皆様

こんにちは。
筆跡アナリスト、コーチのMIZUHOです。
 
先日のセミナーで『お医者さんのカルテの文字』
に関して、盛り上がりましたので
そのお話をします。
 
お医者さんのカルテですが、書いているところを見たことが
ある方いらっしゃるかと思います。
解読困難・・
 
『いったい何を書いているんだろう!?ドイツ語?だから解読不能なのか、
もしくはわざと患者自身に見せないように書いているのか』
いわゆる悪筆と呼ばれる類かな・・、私はそう考えてました。
 
看護士の方に聞くチャンスがあったので聞いてみました所
『ドクターのカルテはなんて書いてあるのか読めないが、長年の勘で薬名とかを読み取っている』という驚愕の回答でした。
 
 

全く読めない文字を堂々と書く人の性格

全く読めない文字を超越字型と呼びます。

 

「超越字(ちょうえつじ)型」という筆跡特徴になります。

超越字型も汚い字のように見える

これはもう普通には読めません。

文脈から推測して読まなければ解読が難しい書き方です。

こんな字です。

このような字を書く人はもはや読み手を意識していません。

自分が書きたいように書く。

読みたければ読め

という自分中心の考えをしがちで創業者とか能力が非常に高い人が書きます。

織田信長の字:超越字

実は、上の字は織田信長です。

織田信長の字:無油断

「無油断」と書いてあるのですが読めないですよね?

 

面白い特徴だなと感じました。

 

#筆跡心理学#筆跡アナリスト

 

筆跡アナリスト、筆跡カウンセラーのMIZUHOです。

寒くなってきましたね!

生徒さんの鑑定をしていて、よく伺う相談内容で、

【私は真面目すぎるんです!】というものが結構あります。

 

まじめすぎて自分がすごく疲れる、周りにも気を使いすぎてしまう・・

どう思われているのか他人に目をいちいち

気にしてしまうなど、お悩みは色々です。

 

こういう文字の方は要注意です・・

書き出しのところがきちんとくっついている

接筆閉型と呼びます。

もともと小学校の書き方では書き出しは閉めて書きましょうと習ってます。

しかし大人になると、書き出しを少し開けても、

前後の文脈で文字の予想が出来るし、

少し崩して書いても別に構わないかなと思うようになります。

 

一方で 書き出しは、きっちり閉めないとなんとなくだらしが無いと

感じている人が書く文字、それが接筆閉型です。

書き始めのところがしまっている方は他人に対し、

警戒心を持っている人が多かったり

他人の観察をして出方を見てから話しかけたりします。

オープンになりたいのであれば少し開けてみることをお勧めします!

 

初めはこんなことくらいで、本当に変わるの!?と思われるかもしれません

が半年ー1年くらいで変化が出てきます。

皆さんも是非お試しください!

 

#筆跡アナリスト#筆跡カウンセラー

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ